Men Complex hair growth

髪を生やそう

髪を生やすことが目的なのなら

最近薄毛が気になってきて、お辞儀をすると頭頂部が薄いのでどうも恥ずかしい、休日でかけるときは帽子を着用することがかかせなくなってきているのなら、薄毛対策として育毛剤を使うことが一番多く試されている薄毛対策になります。しかし、薄くなってきた頭頂部を若いころのようにふさふさでといったことをイメージしているのであれば、育毛剤を使用するのは間違いなのです。使用するのは、発毛剤になります。発毛剤といっても育毛剤とひとくくりにされてしまっているので分かりにくいのですが、育毛目的つまり現状ある髪を健康な髪にして維持していくことが目的で使用するのが育毛剤なのです。少し値段は高くなりますが髪を生やすのであれば発毛剤となります。

発毛剤は効果が高いがリスクも高い

育毛剤と発毛剤の違いとしては、医薬品か医薬部外品かの違いになります。医薬品のほうが医薬部外品よりも得られる効果がたかいので発毛させることができます。それであれば医薬品の育毛剤を使用したいところですが、医薬品は頭皮に与える影響が大きいため副作用のリスクもそれだけあるのです。頭髪専門クリニックでも処方されるミノキシジルですが、医薬品の育毛剤にもこの成分は含まれています。ミノキシジルは、そもそも血管拡張剤であり副作用としては血圧が低下したり脈拍数が増加するといった副作用があらわれます。人によって副作用がでうのは個人差があります。そのため医薬品のものを使うには事前に医師に相談するか、使用するにも少量ずつ使ってその反応次第で少しずつ量を増やしていくなどしていきます。